嬉しいけど素直に喜べないってこういうことですよ

先日、旧友の女友達と10数年ぶりに再会したときのことです。

「うわぁ、ひさしぶり~。元気にしてた?」
とお互いがハグし合って喜ぶまではよかったのですが、問題はその後から起こったのです。

彼女は私と車で移動中も、並んで歩いているときも、ずーっと私の顔をマジマジと見続けていたのです。
正直、ちょっと引いてしまいますよね。
視線を感じずにはいられませんからね。
そんなに私と会えて嬉しかったのか、それとも私の顔に何かついているのか、と聞きたかったけど知らんふりをしていました。

そして、ようやく自宅に着き一息したときにとうとう事件が起こりました。
私達はテーブルを挟んで対面で話していたのですが、彼女がいきなりこう言ったのです。
「あなたの顔、かなりやばいよ」
「乾燥しすぎ。私より若いのに、そんなんじゃ浮気されるわよ」と。

かなりの年月を経て久々に再会したというのに、この言葉は私の心にズキズキと尽き突き刺さったのは想像できるでしょう。
もちろん、冬は乾燥が激しいし、私も意識してそれなりに保湿ケアしていたつもりだけど、こんなふうに言われるとショックですよね。

さらに、ショックだったのは、翌日、彼女が私にくれたプレゼントでした。
「どうしても買い物に行かないといけない」と私に告げ、買ってきたのが”高級保湿パック”でした。
それもかなり大量に入っているタイプのものです。

なんだろうなぁ。
私のことを思ってくれるのはありがたいけど、ちょっと嫌な気持ちにもなったのも事実なんですよね。
嬉しくも、とても微妙な雰囲気の再会となりました。

 

乾燥対策に全力投球したら、お肌を褒められた

ここ数ヶ月、大人ニキビや赤み・かゆみなど、肌荒れが気になっていた私。仕事が忙しかったから、ストレスが溜まってるんだろうなぁ…と何となく分かってはいたけど、ネットに書いてある肌荒れの対処法はストレスのない生活・しっかり休息・きちんとした食事。どれも「それができれば苦労してないよ!」と言いたくなるものばかり。
半ば諦めていたけど、彼に「なんか疲れてるね。肌がボロボロだし…」と遠慮がちに言われて、なんとかしなきゃと思いました。
美容部員をやっていた友達に聞いてみると、「大人の肌荒れって、ほとんど乾燥のせいだったりするんだよ」とびっくりするようなアドバイスをもらいました。
早速保湿効果の高い基礎化粧品を買って、お風呂上がりや洗顔後はいつも以上にしっかり保湿。週末にはなんとか時間を作ってパックをしたりと、保湿のためにできることを全力で頑張ってみました。
1ヶ月くらいすると、何となくメイクのノリがいいような気が。そこで油断せずに保湿を続けて、今日は久々に彼とデート。
いつも通りご飯を食べながら話していると、「なんかいいことあった?顔色がいいし、今日は特にきれいな気がする」と褒めてもらえました!保湿のおかげとは言わなかったけど、心の中では頑張った自分に拍手でした!