ニキビを治すには、潰さない・清潔に保つこと

ニキビを治すには、潰さないことが大事だと知ったのは、10年くらい掛かりました。
思春期ニキビや大人ニキビを経て、ようやく分かりました。
思春期時代に出てたニキビを潰してしまい、大人になって跡になり、さらに大人ニキビも出てきてしまい、ニキビだらけの肌でした。
そこから、ニキビケア用品の化粧水など、肌を活性化してニキビに効果的なビタミンC誘導体配合の美容液を使ってみたりと試行錯誤してました。
結果的には、ニキビを潰さずに我慢して肌を清潔に保湿しすぎない程度にケアすることが一番良いと分かりました。

それまでは、とにかく保湿をすれば良いと思ってニベアをべたべたに厚さ1センチくらい塗って、パック状態で寝てました。
保湿すると油分が発生し、脂も出てきて、アクネ菌の格好の餌になってしまっていたのです。
失敗したケア方法だったなと思ってます。

その方法をやめて、シンプルに化粧水をして乳液をするという方法に変えたら、肌のサイクルも正常化し、ニキビ跡もなくなりました。
それからは、うっかりニキビを潰して跡にになってしまってもターンオーバーの機会に跡は無くなると自信が持てるようになり、余裕も生まれてきました。
慌てずに自分の美容方法が確立してきたおかげだと思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です